JP

言語を選択してください

 
土壌育成
土壌耕作用プラスチック

土壌耕作用プラスチック

世界は土壌を失っています。 多くの国々で都市化が進んでいるため、耕作可能な土地の量は年々減少しています。 私たちの土地と土壌は、すべての豊作の出発点です。 言うまでもなく、私たちの栄養豊富な土壌は、優しく持続可能な方法で管理されるべきです。 したがって、当社のプラスチックで信頼性の高い製品の紹介やサポートを提供することは当社の義務であると考えています。

使用例

製品例

ROBALON で作られたモールドボードとスキマー

  •  すき機の大幅な重量削減(4本のすきで約200 kg)
  •  引っ張りやすさ:粘着性のある土壌で最大20%の引張力の節約が可能(時間/ヘクタール)
  •  燃料節約
  •  砂質およびローム質の土壌条件でのより長い耐用年数

新用途

  • 摩耗センサー
  • 湿度計

ROBALON製土壌圧縮用パッカーローラー

  •  モジュール設計:スペーサーリングとカスタマイズされたパッカー要素(台形、ウェッジリング、歯など)で構成されるモジュールシステム
  • 軽量で機械へ組付けが容易
  • セルフクリーニング:耕地の固結なし

ROBALON スクリューコンベアー

  • 穀物を傷つけません
  • 高い摩耗特性
  • 耐酸性、耐アルカリ性
  • スチールと代替すると大幅な軽量化が可能
  • 滑らかな動作
  • セルフクリーニング

こちらもご覧ください:

[Translate to Japanese:] Arrange technical advice

[Translate to Japanese:]

The performance and service life of materials for stable and feeding technology is determined by various influencing factors. These factors must be taken into account when making a selection. For example:

  • Mechanical load
  • Hygiene and purity requirements
  • Contact with biological acids
  • Contact with detergents and disinfectants
  • Design conditions, dimensions and tolerances

We will be happy to advise you on the selection of the right materials for your application. Simply use our contact form at the bottom of the page and write to us.

 
Search
お問い合わせ

Share

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial