JP

言語を選択してください

 

中性子遮蔽材料

ロシュリングは、熱可塑性プラスチック、積層圧縮木材およびガラス繊維強化材で作られた中性子遮蔽用高性能素材を開発し、提供しています。これらの素材は、高速中性子を減速するために異なる水素含量を有し、使用される遮蔽材料によってホウ素またはリチウム添加で利用可能です。また、広範囲の連続運転温度に、適しています。

中性子線保護製品:

熱可塑性樹脂

積層圧縮木材

  • Lignostone®H II / 2/30-HB

ガラス繊維強化材料

  • Duratom
Combination of Polystone® M nuclear (Polyethylene) with lead for neutron radiation shielding
+
Combination of Polystone® M nuclear (Polyethylene) with lead for neutron radiation shielding
Neutron radiation shielding component
+
Ready-to-install component made of Polystone® D nuclear black (Polyethylene) for neutron shielding
+
Machined component made of Lignostone® H II/2/30-HB
Component for neutron shielding made of Lignostone® H II/2/30-HB
+
Component for neutron shielding made of Lignostone® H II/2/30-HB
+
Sheet made of Lignostone® H II/2/30-HB
Lignostone® H II/2/30-HB, boronated, with lead layer and white coating for gloveboxes
+
Lignostone® H II/2/30-HB, boronated, with lead layer and white coating for gloveboxes

特性:中性子線遮蔽材料

高性能素材 Vitrite®HTS、Polystone® D nuclear、Polystone® M nuclear、Lignostone®HⅡ/ 2/30-HB および Duratom は、市場でも珍しい、独自の特性を持っています。この特性により、高速中性子の減速および熱中性子の吸収が可能になります。また、この素材は、多くの適用上の利点を有しています。

各種水素含有量

これらの素材は、様々な水素含有量で提供可能です。この素材は、異なる要件の用途における高速中性子の減速に、理想的です。<br/><br/>

Polystone® D nuclear と Polystone® M nuclear の水素含有量は 13〜14% です。これらの製品は、市場で提供可能な中性子遮蔽用の最高水素含有量の固体物質の1つです。

ホウ素またはリチウム添加

素材によっては、熱中性子の吸収のために、ホウ素またはリチウムの個別添加も可能です。

高エネルギー放射線に対する高抵抗

すべての素材は、高エネルギー放射線に対して高い耐性があり、非常に長い耐用年数を有しています。

軽量

Vitrite®HTS(0.96g /cm³) 、Polystone® D nuclear(0.96g / cm³)、Polystone® M nuclear(0.93g / cm³)、Lignostone®HⅡ/ 2/30-HB(1.37g / cm³) および Duratom (1.8g / cm³)は、非常に低い密度を有します。これにより、処理および施工中の取扱いが、容易になります。

容易な加工

材料によっては、切断、切削、フライス加工、糊付けによる加工が容易です。



中性子線遮蔽は、どこで必要なのですか?

発電所研究用原子炉診断医学安全工学では、X 線、ガンマ線、中性子線などの様々な種類の放射線が、使用または放射されています。もし X 線やガンマ線が物質と出会うと、主に原子の電子殻との相互作用により、エネルギーが失われます。原子番号が高いほど、各原子内に多くの電子が存在します。このため、X 線やガンマ線の遮蔽には、鉛などの素材が用いられているのです。

高速中性子の減速

中性子は電子と相互作用しないので、鉛などの物質を通過する間、ほとんどエネルギーを失ないません。この理由から、中性子線と水素核の質量が実質的に同一であり、衝突時のエネルギー移動を最大にするので、中性子線を減速するために水素材料が使用されます。そのため、水素含量の高い物質が高速中性子を減速し、低エネルギーの熱中性子に変換します。

熱中性子の吸収

これらの熱中性子は、ホウ素またはリチウムのような高い吸収断面積を有する要素との衝突によって、除去することができます。

中性子遮蔽の性能と耐用年数

  • 運転温度
  • 中性子線の強度
  • 材料厚さ
  • 他の材料との組み合わせ
  • 周囲条件:屋外または屋内使用、機械的影響因子、化学的影響因子

これらの要因は、中性子遮蔽の適切な素材選択において、考慮する必要があります。

中性子線遮蔽材料 - 適用分野

当社の中性子線遮蔽材料は、様々な用途の高い要件を満たしており、多くの分野で中性子線遮蔽材として使用されます。

例:

  • 研究炉
  • 発電所
  • グローブボックス
  • ドライキャスク貯蔵容器
  • 検出ユニット
  • ボディスキャナ
  • トラックスキャナ


 
Search
お問い合わせ

Share

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial