Select a different country or region to see specific content for your location.
JP

言語を選択してください

 
マーカー技術
SmartMarker® - 識別

識別 - 最終コンポーネントのデジタル製品パスポート。

識別は認証の延長線上にあります。識別により、各製品は必要なすべての情報を保存することができる固有の製品パスポートを受け取ります。

最終製品のデジタル製品パスポート

識別は認証の延長線上にあります。SmartMarker® プロセスの最初のステップでマーカー粒子を出発材料に追加すると、スマートマーカー ® 粒子のランダムな分布によってランダムな一意のパターンが作成されます。これは、偽造防止になります。製品には独自のラベルが貼られており、このラベルを材料に貼付して一意に識別することができます。この一意の識別子は、製品を製品パスポートに一意にリンクするための一意の識別子として機能します。つまり、製品パスポートはいつでも開くことができ、さまざまな製品情報を提供することができます。この製品情報はデジタルでアクセスできるため、製品に物理的に紐付けする必要はありません。

1. 基準面を定義する

SmartMarker® でマークされたコンポーネントを確実に識別するには、デジタルデータベースに保存する必要があります。そのため、コンポーネント上に基準面が定義され、この面にSmartMarker®のランダムな粒子パターンが配置されます。この粒子パターンをカメラでスキャンします。

2. 画像のエンコーディング

粒子パターンの写真を撮影する。この写真はエンコードされ、複数桁の数字(ハッシュキー)からなる固有の ID 番号が付与されます。この数字コードは製品を表し、デジタル製品パスポートへのリンクとして使用できます。

3. データベースへのフィード

画像エンコードと ID 番号は画像データベースに保存されます。シリアル番号、素材、製造日、注文番号など、デジタル製品情報をこのコードに追加できるようになりました。このように、識別された粒子パターンは、 コンポーネントに直接関連しています。

4. 識別

識別は後でカメラを使用して行われます。これを行うために、新たに作成された画像は再度エンコードされ、画像データベースの既存のエンコードと比較されます。これらのコードが一致すると、以前にコンポーネントに割り当てられた ID 番号が出力され、製品パスポートデータベースへのリンクとして使用できます。このようにして、製品パスポートに保存されているコンポーネントの情報にアクセスすることができます。

5. Portus

製品パスポートはデジタル IoT プラットフォームのポートに保存されるため、いつでも呼び出すことができます。Portus では、お使いの機械から関連するすべての定義済みデータにアクセスできます。携帯端末を使用してこれを行うことができます。すなわち、いつでも、どこでも、コンポーネントに必要な製品情報にアクセスすることが可能です。

6. 技術的後継者としてのSmartMarker

RFID チップ、 QR コード、バーコードとは異なり、 SmartMarker® 製品は、欠陥の摩耗によって製品の一部がなくなった場合でも、(製品の)すべての情報が最終製品にしっかりと埋め込まれ、いつでもアクセスできるようにしています。 

 
Search

検索結果を絞り込む

お問い合わせ

Share

Print to PDF

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial