Select a different country or region to see content for your location.
JP

言語を選択してください

 

耐薬品性プラスチック

素材、適用および選択基準

化学媒体は、数多くの機械、プラントおよびプロセスで、使用されています。高い安全性と信頼性のために、エンジニアは、その構成成分が浸食性化学物質との接触に耐えられるように、設備を計画、設計する必要があります。塩酸(HCl)、硫酸(H2SO4)、クロム酸(H2CrO4 )とフッ化水素酸(HF)といった媒体が使用される場合、運転上の安全性の問題が最優先事項になります。例えば、浸食性塩酸 (HCl) の損傷は、致命的なものになります。

耐薬品性プラスチックは、施設や機械の計画と開発において重要な役割を果たします。しかし、すべてのプラスチックが、化学媒体との接触に適しているわけではありません。 プラスチックの耐薬品性に関する情報は、要約図表で確認することができます。しかし、要約図の結果は、通常、個別の基準のみを考慮に入れ、検査されたものです。異なる影響要因の組み合わせは、通常、個々の実際の適用でのみ確認することができます。

適切な耐薬品性素材を選択するには、エンジニアは、常にアプリケーションの特定の影響要因を考慮する必要があります。 

総合データベース:耐薬品性プラスチック

ロシュリング インダストリアルは、長年の経験とプラスチックの耐薬品性に​​関する包括的なデータベースを有しています。当社の熱可塑性プラスチックと複合材料は、数十年に渡って、多くの産業で使用されてきました。当社の製品は、様々な浸食性化学媒体への耐性を有し、用途分野の操作における優れた安全性を保証します。当社は、豊富な経験より培われた知識をもとに、耐薬品性プラスチックの選択について、お客様にアドバイスを提供させていただきます。お客様から寄せられる主な質問は、次のようなものです:

  • どのような化学媒体が、どの濃度で、どのような暴露時間で使用されているのですか?
  • どのような要因が、プラスチックの耐薬品性に影響を及ぼしますか?高い連続運転温度、機械的荷重、耐候性または火災性能の要件?
  • どのような耐薬品性素材が、これらの条件下で、最も安全で経済的ですか?

どのような化学媒体が使われているのですか?

適切な耐薬品性プラスチックを選択するための主な基準は、アプリケーションで使用される化学媒体です。 <br/>当社の耐薬品性プラスチックは、次のような業界で使用されています。

  • 正確な名前は何ですか?
  • どの濃度で使用されていますか?
  • 施設操業者は、どのような構成で使用しますか?

媒体と接触する材料の耐薬品性は、一般に、媒体の濃度および曝露時間の増加に比例して、低下します。材料を選択する際には、このことを考慮する必要があります。しかし、媒体のみに基づいて考慮しても、プラスチックが用途に適しているかを判断することはできません。プロセスで使用される化学物質に対する耐性は、様々な要因に影響を受ける可能性があります。

耐薬品性:プラスチック、化学媒体および適用分野

当社の耐薬品性熱可塑性樹脂と複合物は、化学媒体の貯蔵プロセスや作業プロセスにて、長年に渡り、エンジニア、開発者、操業者に使用されてきました。<br/>  

当社の耐薬品性素材には、次のようなものがあります:

  • Polystone®G - ポリエチレン(PE-HD)
  • Polystone®P - ポリプロピレン(PP)
  • Trovidur® - ポリ塩化ビニル(PVC)
  • Polystone® PVDF - ポリビニリデンフルオライド(PVDF)
  • SUSTAPVDF - ポリフッ化ビニリデン(PVDF)
  • SUSTAECTFE - エチレンクロロトリフルオロエチレン(E-CTFE)
  • SUSTAPEEK ポリエーテルエーテルケトン (PEEK) 
  • Durostone® ガラス繊維強化プラスチック
  • Fibracon® PTFE

具体的な媒体例:

  • 塩酸(HCl)
  • 硫酸(H 2SO4 )
  • クロム酸(H 2 CrO 4
  • フッ化水素酸(HF)
  • 硝酸(HNO 3 )
  • リン酸(H 3 PO 4 )
  • 塩素化水(Cl 2・H 2 O)
  • 塩化ナトリウム(NaCl)
  • 塩化カルシウム(CaCl) 
  • 水酸化ナトリウム(NaOH)

当社の耐薬品性プラスチックは、次のような産業で使用されています:

  • 液体貯蔵用タンク
  • 電気メッキラインと鋼酸洗ライン
  • 排気処理システムおよび換気システム
  • 石油・ガス産業
  • 機械工学
  • 太陽電池製造

どのような要因が、プラスチックの耐薬品性に影響を及ぼしますか?

重要な影響要因には、連続運転温度、機械的荷重、天候の影響、火災性能、および電気伝導度が含まれます。例えば、連続運転温度を行う用途にて、素材が特定の媒体に対して高い耐性を有していても、連続運転温度に適していない場合等、異なる材料を選択しなければなりません。

連続運転温度:耐性に関連する全ての化学的および物理的プロセスは、温度の上昇とともに、加速します。したがって、化学媒体への材料の耐性は、一般に、温度が上昇するにつれて低下します。そのためこの傾向は、例えば、プラスチックの長期的動向を予測するために使用することができます。希望の温度より高い温度で行われた貯蔵試験結果の場合、希望する温度での化学媒体の長期間暴露で、プラスチックがどのように変化するかを推定することが可能です。

機械的応力:プラスチックの中には、浸食的媒体と接触すると、応力亀裂を形成する傾向があるものも、あります。化学媒体と機械的応力に同時に曝されると、亀裂の進行が加速する可能性があります。この現象は、「環境応力亀裂」(ESC) として知られています。応力亀裂は、プラスチック部品の壁を完全に貫通し、破断面になることがあります。

天候の影響:太陽光や天候に長期間さらされているプラスチックは、大気中の酸素による物理化学的影響を受けます。その結果、変色、脆さ、および機械的特性の損失が生じます。これはまた、化学媒体に対する耐性にも影響します。

火災性能:素材には、耐薬品性だけでなく、用途における特定の火災性能要件を満たす必要がありますか?難燃剤は、材料の耐薬品性に​、​影響を与える可能性があります。

電気伝導度:素材は、多くの適用分野において、優れた耐薬品性に加えて、良好な導電性も有している必要があります。これは、例えば、暖房油、ガソリン、潤滑油などの引火点の低い媒体を貯蔵する場合などに、特に重要です。関連する添加物も、耐薬品性に影響を与えます。 

代表的応用

化学媒体貯蔵用タンク:化学媒体用タンクでの使用において、プラスチックは、優れた耐薬品性ならびに熱、静的応力に対する高い耐性を有している必要があります。媒体として典型的なのは、塩酸および硫酸です。貯蔵タンクは、建物内ではなく屋外に保管されることが多いので、紫外線耐性も要求されます。

貯蔵タンク用当社製品に関する詳細情報

Polystone® G blackB100-RC(PE-HD) 製の塩酸用円筒形タンク:化学薬品や応力亀裂への高い耐性

排気清浄プラントの構成要素:排気ガス処理システムにおいて、素材は、腐食性の高い液体、ガスおよび有害物質への耐性を、有している必要があります。凝縮液分離器およびガススクラバーなどのシステムでは、システム構成要素は、しばしば SO2SO3等の非常に腐食性の高い液体およびガスと接触する必要があります。その特殊な耐腐食性により、複合材料および熱可塑性プラスチックから作られた構成成分が、例えばタンク、ハウジングおよびラメラ壁等に、頻繁に使用されています。

排気ガス浄化プラント用プラスチックについての詳細

Durostone® プロファイル(GFK) で作られた煙道ガススクラバー用ラメラ壁: 長期間にわたり浸食性煙道ガスとの接触に耐え、システムの安全性と信頼性を向上

電解プラント用プロセスタンク:電解プラントでは、例えば腐食に対する耐性を高めるために、電気化学的プロセスにおいて、ツールを金属でコーティングします。プラスチックは、用途によって、耐薬品性と共に、温度耐性にも優れている必要があります。従って、選択したプラスチックが、事前設定した温度にて、化学物質を使用した場合に発揮する正確な耐性を、明確にしておく必要があります。

電解ライン用プラスチックに関する詳細情報

この製品は、長期間、高い運転温度と化学物質に耐えることができます。Polystone® P homopolymer grey (PP-H) 製、アルミニウム部品処理用電解プラント用プロセスタンク

鋼酸洗ライン用プロセスタンク鋼の酸洗いラインの効率は、様々な要因の影響を受けます。設計段階では、酸洗い技術、化学媒体、および運転温度に、特に注意する必要があります。具体的な媒体には、塩酸(HCl)、硫酸(H 2SO4 )、フッ化水素酸+硝酸(HF + HNO 3 ) 等があります。当社のプラスチック製品の中には、これらの要件を満たすために、特別開発されたものもあります。耐薬品性、耐熱性に優れ、取扱いが簡単です。

鋼酸洗いライン用プラスチックの詳細情報

Polystone® P copolymer製プロセスタンク:優れた強度、耐薬品性、耐腐食性を兼ね備えています

機械工ンジニアリングのための建設エレメント:大きな負荷の下でも、非常に長い運転時間の後であっても、機械およびシステムは、確実に作動しなければなりません。用途に応じて、建築材料は高い機械的荷重と温度に、耐えなければなりません。このプロセスで使用される化学物質との接触も、重要な役割を担っています。例えば、放出剤、潤滑剤、運転素材です。

 

機械エンジニアリング用製品範囲に関する詳細情報

優れた断熱性を持つ Glastherm® 断熱材は、木材やプラスチックのプレスにおけるエネルギー消費の削減に寄与し、プレス工程で発生する不要な化学的媒体に対する高い耐性を有しています。

石油とガスの抽出のための建設要素:石油およびガス資源は、ますます困難な地域で、抽出されています。石油およびガス採掘ほど極端な運転条件に、技術システムや機器が絶えずさらされ​​ている領域は、事実上他にありません。ここで使用される素材は、石油、ガス、腐食性化学媒体、潤滑剤、酸性ガスおよび運転素材などの媒体と、接触しなくてはなりません。ここで使用されるプラスチック製コンポーネントには、シール、ファスナー、クロージャーキャップ、補強リングがあります。

当社の石油、ガス製品の詳細情報

シールは、様々な場所で、石油とガスの抽出に使用されています。熱的、化学的および機械的負荷は、用途によって異なります

ウェーハ製造におけるシステムコンポーネント : 製造中、浸食性酸を使用して、太陽エネルギーシステム用ウェーハは、エッチングされます。これにより、可能な限り多くの光を捕捉することができる表面が、形成されます。世界中の多くのメーカーが、Polystone®PVDF、Polystone®P(PP) ナチュラルまたは Trovidur ET(PVC) 等の耐薬品性材料を使用して、システムを構築しています。

太陽エネルギーシステム用製品に関する詳細情報

製造:プロセスにて浸食性酸を使用 (RENAの許可をいただいて撮影した写真)

製品範囲:

当社は、次の耐薬品性プラスチックを提供しています:

熱可塑性プラスチック:

繊維強化プラスチック

お問い合わせ:

当社の経験豊富なアプリケーション エンジニアは、お客様の適用分野に適した耐薬品性プラスチックの選択を、お手伝いいたします。ページの下部にあるコンタクトフォームを使用して、お問い合わせください。

 
Search
お問い合わせ

Share

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial