Select a different country or region to see specific content for your location.
JP

言語を選択してください

 
溶接棒
PE、PP、PVC、PVDF 製のプラスチック溶接ワイヤー

PE、PP、PVC、PVDF 製のプラスチック溶接ワイヤー

Plastic Welding Rods made of PE, PP, PVC, PVDF

弊社の広範囲にわたるプレート材料 (リンク の提供製品に合わせ、弊社トレードマーク材料 Polystone® (PE & PP) および Trovidur® (PVC) PE、PP、PVC、PVDF 製の溶接ワイヤーをご提供します。 これらは、溶接するプレート材料に合わせ調整されており、耐久性のある安定した接続を実現します。 その際は、すべての通常の熱溶接処理により加工が非常に良くできます。

耐久性ある安定した接続

  • 弊社のプラスチック溶接ワイヤー、プレート材料およびU型・中空プロファイルを一緒に使用することで、溶接するコンポーネントの最善の加工性と長期間の耐久性が実現されます。
  • 誤った材料によるクレームのリスクや二次損害のおそれが最小化されます。
  • 弊社の溶接ワイヤーは、これら材料製のプレート材料と同じ形状材からできています。 すなわち、例えば連続使用温度、化学的耐性や密度などについて同じ特性を示します。
プラスチック溶接ワイヤー、PE溶接ワイヤー、PVC 溶接ワイヤー、PP溶接ワイヤー、プラスチック
プラスチック溶接ワイヤー: 弊社プレート材料に適合する PE、PP、PVC、PVDF 製で入手可能

取扱製品 - プラスチック溶接ワイヤー

  • 溶接ワイヤーの取扱製品は、通常のあらゆる 断面 (DVS 2211 準拠) でご提供しており、納入可能です

断面: 納入形状:

  • バラのロール (5 kg と 10 kg)
  • コイル (3 kg と 10 kg)
  • 長さ 1,000 mm または 2,000 mm のロッド製品

特殊製品やその他の形状も可能です。お問い合わせください。

プラスチック溶接ワイヤー、PE溶接ワイヤー、PVC 溶接ワイヤー、PP溶接ワイヤー、プラスチック
プラスチック溶接ワイヤーは通常のあらゆる DVS 2211 準拠の断面 を取り扱っております

一目で私たちのオファー

熱可塑性プラスチック製の溶接ワイヤー製品。 製品の形態、寸法、および入手可能性の概要。

溶接棒の材料

Polystone® G, Polystone® P, Polystone® PPs, Polystone® PVDF, Trovidur®, ...

溶接の継ぎ目は、タンクの操作上の安全性および耐用年数に、大きな影響を与えます。溶接性能を確保するために、当社の開発センターでは、溶接接続部の定期的な検査を行っています。これにより、現在の素材の高い品質を保証することができます。それと同時に、その専門性を、新しい素材の開発に役立てることができます。では、素材の溶接に対する適切性がどのようにテストされ溶接の継ぎ目の質をチェックするのに、どのような試験が行われているのでしょうか

プラスチックの溶接性について詳しくは、続きをご覧ください

PE80・PE100 材料の熱要素突き合わせ溶接の全体条件は、DIN 8074 と DIN 8075 に基づくDVS 2207-1 (08.15) に記載されています。 それによると、「溶融流量 MFR 190/5 内では 0.3 ~ 1.7 g/10 分および 0.2 ~ 0.7 g/10 分であれば適性がある」

DVS 2207-11 (02.17) では、PP-H-、PP-B、PP-R 材料の熱要素突き合わせ溶接の全体条件は DIN 8077、 DIN 8078 に基づき記載されています。 それによると、「溶融流量 MFR 190/5 内では 0.4 ~1.0 g/10 分であれば、適性がある。 この範囲は、溶融流量 MFR 230/2.16 で 0.2 ~ 0.6 g/10 分におおよそ対応する」

DVS 2207-15 (12.05) には、PVDF 材料の熱要素突き合わせ溶接向けの前提条件が記載されています。 それによると、「密度1.7 ~ 1.8 g/cm³ において、溶融流量 MFR 230/2.16 内で 1.0 ~ 25 g/10 分であれば適性がある」

それによると、「密度1.7 ~ 1.8 g/cm³ において、溶融流量 MFR 230/2.16 内で 1.0 ~ 25 g/10 分であれば適性がある」 接合する材料がこれらの前提条件を満たす場合、両方のコンポーネントは溶接可能だということになります。

さらに DVS 2207-1 では: 「溶融流量に差異がある場合は、DVS 2203-4 に基づくクリープ試験・引張テストで適性証明を行うこと」 

溶融流量が上記の範囲に収まっていれば、適性証明は不要です。 溶融流量は、弊社製の熱可塑性 プラスチックの化学薬剤用 タンク・設備建造向け製品の 技術データシートおよび工場認定書で指定されていす。

溶接ビードの領域には常に小さな刻み目が発生し、前提条件が好ましくないと容器材料に亀裂が入るおそれがあります。 容器損傷の危険をできるだけ低く保つため、刻み目にさほどデリケートでない溶接ワイヤーを使用しなくてはいけません。 そのため、PP-H 製のプレート材料の溶接についても PP-B 製の溶接ワイヤーの使用を推奨しています。 長年、標準として Polystone® P コポリマー グレーを提供しています。 それとは別に、Polystone® P ホモポリマー製の溶接ワイヤーの納入は今後も可能です。

 

弊社プラスチック溶接ワイヤーの応用範囲

弊社のプラスチック溶接ワイヤーは、自社製材料のプレートと溶接ワイヤーと共に、信頼性高い接着と安定した接続を生み出すべき場所ならどこでも使用されます。例としては、化学媒体用タンクや設備、飲料水・排水処理、スイミングプール建造時などです。

 

 
Search
お問い合わせ

Share

Print to PDF

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial