JP

言語を選択してください

 
化学加工産業
化学加工産業用プラスチック
+
タンク建設のために特別に開発された「RITA®-Röchiling’s Integrated Tank building Assistant」は、自立型無圧円形タンクおよび長方形型タンクを、現在の DVS 指針に照らし合わせ、計算します。

化学タンクおよびプラント用プラスチック

化学タンクおよびプラントの性能容量は、様々な要因によって決定されます。浸食性化学媒体、高い熱応力および静的応力のような状況においてでも、操作における高い安全性が求められています。建設業者は、このような要求に見合う素材を必要とします。当社のプラスチックは、化学産業において50年以上使用されています。特に薬品、熱に対しての耐性があり、加工も簡単です。当社の製品は、高度なプロセスの安全性と長期耐用性を兼ね備えたタンク、設備の建設に携わる建設業者の方々を、世界中でサポートしています。

応用分野には、以下のものが含まれています。

強固な接合-溶接の際の重要な要件

溶接の継ぎ目は、タンクの操作上の安全性および耐用年数に、大きな影響を与えます。溶接性能を確保するために、当社の開発センターでは、溶接接続部の定期的な検査を行っています。これにより、現在の素材の高い品質を保証することができます。それと同時に、その専門性を、新しい素材の開発に役立てることができます。では、素材の溶接に対する適切性がどのようにテストされ溶接の継ぎ目の質をチェックするのに、どのような試験が行われているのでしょうかプラスチックの溶接性について詳しくは、続きをご覧ください

Tests for dual laminate constructions

Special requirements as to the strength and dimensioning of tanks can require a laminate of various materials such as thermoplastic and composites. A very high bond strength is required to ensure that tanks with this dual laminate construction have high operational security. Measurements to assess whether materials are suitable for this are the interlaminary shear strength and the tear resistance. Both tests are described in the DIN EN 13121-3.

More information on suitability of materials for dual laminate constructions

 
Search
お問い合わせ

Share

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial