JP

言語を選択してください

 
 
Search
Völklingen Ironworks

当社の沿革

プラスチックを扱って100年 - 200年の材料関連専門技能の蓄積

 

転換期での継続性

責任感。長期的な目標設定。持続性。家族という強い絆で結ばれている家族企業は、このような特性を持っています。そしてそれは、Röchling家も同じです。その歩みは、17世紀にまで遡ります。そして今日に至るまで、その家族は8世代にわたって当社の歴史の中で重要な役割を果たしてきました。諮問委員会では、外部の専門家とともに、今や国際的なグループ企業となった当社の舵を取ります。家族企業としての出自を持つことは、このように企業としての未来にも大きく関わります。ほぼ200年の長きにわたり、この家族は生み出した企業が小さな鋼メーカーから総合的なソリューションを提供するシステムパートナーとなるまでの道のりに、ずっと寄り添ってきました。その道のりにおいて、同家は数々の転換点が訪れる中で変わらない軸を形作って来ました。そしてこれは今後も続いていきます。

1822年

すべての始まり。Friedrich Ludwig Röchlingが、ドイツ、フェルクリンゲンで石炭商社を設立。これによって、彼は産業革命においてもっとも重要な材料である鋼を用いた事業の基礎を固めました。

1849年

創設者Friedrich Ludwig Röchlingの4人の甥が、コークスの製造および産業用の鉄の加工事業を開始。

1881年

鋼の時代が始まりました。Röchling家の甥達はフェルクリンゲンの鉄工所を買収し、当時たいへん重要であった材料の専門家へとなっていきます。その100年後、このフェルクリンゲンの鉄工所が産業分野で初めての世界文化遺産に登録されることになろうとは、当時誰も思い及びませんでした。

1920年

会社創設のちょうど100年後、当社は新しい材料、すなわちプラスチックの持つ可能性に気が付きました。当社はさらに、ベルリンのHolzveredelung GmbH社を買収し、プラスチック加工の先駆者となりました。Holzveredelung GmbH社はすでに1916年の時点で当時最新の材料である圧縮木材(Lignostone)の特許を申請しています。この製品は、今日に至るまでずっとRöchling社の主力製品であり続けています。この材料は材木から造られますが、特殊な圧縮プロセスによって、特殊な特性を持つ「プラスチック」へと変わります。この製品の成功によって、鋼への依存度が低くなりました。

1935年

Holzveredelung GmbH社がベルリンからエムスラントのハーレンに拠点を移動。これが現存する当グループ最古の拠点です。

1955年

当社は、新しく設置されたドイツ連邦軍の納入業者であるRheinmetall Berlin AG社を買収し、会社を多くの事業部(例えば遠隔通信部門など)に分けて多角化しました。

1960年代および1970年代

先進的な材料開発:熱可塑性プラスチックであるPolystone®と、グラスファイバー強化型プラスチックであるDurostone®を市場に導入しました。

1978年

鉱山業から撤退したことによって、プラスチック関連の専門性が強化されました。戦略的な目標は、会社内部的な成長を図ると共に新しい領域で計画性のある買収を行うことでした。その傍らで、当グループは財務リスクを十分に分散させるために、さまざまなセクターに参加しています。

1980年代

プラスチック事業がさらに成長:ドイツ、ラーンシュタインのプラスチック半製品製造のスペシャリストであるSustaplastグループを買収。また、南チロル地方のSeeberグループを買収することで、自動車用プラスチックの領域に進出。

1990年代および2000年代

国際化の時代:当社は主にヨーロッパ、米国、中国およびインドに子会社および生産拠点を設立しました。

2000年以降

新しいミレニアムを迎え、当社は材料関連の専門性に集中する方針を固めました。プラスチックに関連しない事業はすべて切り離し、2004年にはほぼ50年続いたRheinmetall AG社への関与も終了しました。それと同時に、材料関連への集中を通してプラスチック分野で新しい領域が開かれました。

2008年以降

Oertl Kunststofftechnikグループの買収によって、当社は医療技術分野に進出しました。そして、2018年までにさらに4件の買収を行いました。これによって、医療事業分野の拠点数は、世界で6か所に増加しました。

2016年

3つの事業分野:2016年以降、当グループは、3つの独立採算の事業分野、すなわち産業分野、自動車分野、医療分野に分かれました。

2018年

当グループは現在、分野に特化したプラスチック領域における、システムとソリューションを提供する世界的なリーディングカンパニーとなっています。当グループは、ヨーロッパ、北米、中米、南米、およびアジアに90か所以上の活動拠点を構えて、お客様のご要望にお応えしています。

お問い合わせ

Share

刊行物