JP

言語を選択してください

 
 
Search
Völklingen Ironworks

当社の沿革

プラスチックを扱って100年 - 200年の材料関連専門技能の蓄積

 

転換期での継続性

責任感。長期的な目標設定。持続性。家族という強い絆で結ばれている家族企業は、このような特性を持っています。そしてそれは、Röchling家も同じです。その歩みは、17世紀にまで遡ります。そして今日に至るまで、その家族は8世代にわたって当社の歴史の中で重要な役割を果たしてきました。諮問委員会では、外部の専門家とともに、今や国際的なグループ企業となった当社の舵を取ります。家族企業としての出自を持つことは、このように企業としての未来にも大きく関わります。ほぼ200年の長きにわたり、この家族は生み出した企業が小さな鋼メーカーから総合的なソリューションを提供するシステムパートナーとなるまでの道のりに、ずっと寄り添ってきました。その道のりにおいて、同家は数々の転換点が訪れる中で変わらない軸を形作って来ました。そしてこれは今後も続いていきます。

1822

始まり

始まり

1822年に設立されたフリードリヒ・ルートヴィヒ・ロシュリングは、石炭販売事業の国際的なネットワークを築き上げました。これが、のちに産業分野における活動基盤となりました。
彼の子孫であるテオドール、エルンスト、カール、そしてフリッツは、フェルクリンゲンの鉄工所(Völklinger Hütte)を買収し、当社の経営方針を産業用製鉄に再編成しました。カールは、兄弟の死後、単独の経営責任者となり、幅広い視野による決断力によって、当社の成功と成長を確かなものにしました。

1921

プラスチック分野で初めての投資

プラスチック分野で初めての投資

創業からおよそ100年にわたり、確実に成長を遂げている当社は、重要な戦略的投資を続けています。当社は1921年までに、徐々にベルリンのHolzveredelung GmbH社の株式を全取得しました。これにより、当時最新の材料であった圧縮木材(Lignostone)の特許を取得しました。圧縮木材は今日に至るまで成功を収め続ける主力製品のひとつで、再生可能な材料から造られた初めてのプラスチックです。

1978

ポートフォリオの多様化

ポートフォリオの多様化

1960年代と1970年代に、石炭事業および鋼事業の不振を機に、当社はポートフォリオを多様化させ、さまざまな業種の多くの企業の経営に関与するようになりました。同時に、1978年にフェルクリンゲンの鉄工所を売却し、製鉄分野から撤退しました。その後1980年代には、さまざまな産業分野(特に自動車産業)に関係するプラスチック企業を買収し、新しい市場への投資を行いました。

2006

プラスチックの性能に注目

プラスチックの性能に注目

2006年は、当社グループの歴史における非常に重要な節目となりました。これまで経営に関与してきたプラスチック分野と関連のない企業の持分を売却し、プラスチック分野を専門とする企業に転換することに成功しました。2008年には、それまで産業用の高性能なプラスチックと自動車用プラスチックに重点を置いて事業展開してきたところに、第3の主力分野として、医療用プラスチックが加わりました。

現在

革新的なプラスチックソリューションを提供する世界的なトップ企業

革新的なプラスチックソリューションを提供する世界的なトップ企業

2016年以来、当社グループは、産業用、自動車用、医療用プラスチックの3分野で事業展開しています。当社は、プラスチック分野での高い専門性を有するシステムパートナーおよびソリューションプロバイダーとして、ヨーロッパやアメリカ(北米、中米、南米)、アジアの25カ国に90カ所以上の拠点を構えて、お客様のお役に立っています。

1822
1921
1978
2006
現在
お問い合わせ

Share

刊行物