Select a different country or region to see content for your location.
JP

言語を選択してください

 
リサイクル可能なプラスチック
Recycling – using valuable resources

リサイクル可能なプラスチック

製品を選択するときは通常、品質、機能性、デザインなどの基準に焦点をあてます。 しかし、使用後の製品はどうなるのでしょう?  この質問はますます重要になっています。 プラスチックは、使用後も貴重な資源です。 材料をどれだけ簡単にリサイクルできるかは、そのリサイクル可能性によって異なります。 しかし、リサイクル可能性とは実際には何を意味し、プラスチックはどの程度リサイクル可能なのでしょうか?

 

 

リソースの責任ある使用には、製品のライフサイクルの最後でのリサイクルが含まれます。 熱可塑性プラスチックの製品には多くの可能性があります。 それらの化学構造は、材料回収から原材料処理、エネルギー生成のための最終的な熱回収まで、さまざまなタイプのリサイクルを可能にします。

熱回収 

熱回収とは、プラスチックはいきぶつを焼却してエネルギーを生成することです。

ケミカルリサイクル 

プラスチックのケミカルリサイクルは、熱回収に代わる好ましい方法です。これは、化学プロセスによるプラスチックの基本的な材料(オイルなど)へ分解する事により、原材料の再利用を可能にします。 ケミカルリサイクルは、特に材料の回収が不可能または困難なプラスチックに適しています。

材料回収

材料回収に必要なプロセスは、ケミカルリサイクルによるプラスチックの製造よりも複雑ではないため、生態学的および経済的に有利です。 材料回収の重要な前提条件は、タイプ別に分類された材料の収集です。 これは、プラスチック廃棄物がその材料、つまりPP、PEなどに応じて分類されることを意味します。材料のリサイクルに関連する技術的プロセスは多様です。 一般に、リサイクルプロセスは、シュレッダー、洗浄、分離、再処理などのさまざまなステップで構成され、新たな製品の原材料を得るために収集された材料を溶融します。 しかし、すべてのプラスチックが、リサイクル後の特性に関して必要十分な再生が可能とは限りません。 これがそのリサイクル可能性を定義するものです。

 

熱可塑性プラスチック材料

熱可塑性プラスチック材料は、特定の温度範囲でプラスチックの形を変えることができ、機械的に細断して溶かすことができるため、他の種類のプラスチックよりもリサイクルが容易です。 当社の熱可塑性プラスチック材料の多くは、使用後にリサイクルされ、同じ目的で再利用されることがよくあります。 これにより、持続可能な環境に優しい資源保護に貴重な貢献をすることができます。

複合材料

複合材料はリサイクルがより困難です。なぜなら、異なる構成材料を分離することは通常多くの労力を伴い、経済的な観点から実践するのが難しい場合が多いからです。 それにもかかわらず、新しいオプションは常に開発されています。 たとえば、ガラス繊維強化プラスチックの場合、ガラス繊維は熱プロセスによって複合材料から除去され、フィラーとして再び使用されます。

この形態のリサイクルは、ガラス繊維強化材を使用した複合材料にすでに適用されています。 このように、当社の複合材料は、使用段階後の将来の製品の原材料の供給源としても機能します。

当社素材のリサイクル性について質問がありましたらよろこんでアドバイスさせていただきます。

 

 
Search
お問い合わせ

Share

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial