JP

言語を選択してください

 
LubX CQ
LubX® CQ - 低騒音コンベア設備用の摺動素材

LubX® CQ - 低騒音コンベア設備用の摺動素材

コンベア設備から発生する騒音を低減し、プロセス安定性をサポート

摺動素材LubX® CQ は、低騒音が求められるコンベア設備向けに特別に設計されています。 LubX® CQ は、低騒音で安定したコンベアプロセスの実現に役立つ特徴を備えています。

LubX® CQ は、当社の LubX® 摺動素材製品ファミリーの一員です。QQuiet(静か)を表します。 LubX® 製品ラインには、さまざまなコンベア設備や環境条件に適合した摺動性プラスチックが取り揃えられています。

LubX® CQ -  お客様のコンベアの騒音低減に貢献
LubX® CQ - お客様のコンベアの騒音低減に貢献

騒音を抑えた静かで安定したコンベアプロセスは健康面でますます重要になっています。 そうしたプロセスは快適な作業環境に、それに伴い従業員の満足度の向上に貢献します。 私たちは、こうした要件に特化して LubX® CQ を開発しました。

 

自社の素材研究所において、ならびにケムニッツ工科大学(コンベア技術およびプラスチック研究所)での科学的な検査研究において、LubX® CQ の特性を検証しました。 その結果、LubX® CQ の特性は、幅広い用途での低騒音コンベアプロセスの実現に貢献することが確認されています。

 

LubX® CQ - 振れが顕著に小さい

図: 20時間にわたる実験後の、標準 PE 1000 と LubX® CQ の測定の詳細履歴の比較。 ケムニッツ工科大学(コンベア技術およびプラスチック研究所) - 中程度の速度: 0.25 m/s、面積圧縮:p = 0.33 MPa、運動振幅: 100 mm、上部サンプル: PE 1000 および LubX®-CS、下部サンプル: スチール1.4301、研磨済み。

 

両方の図は、長期試験中の20時間後の摩擦係数測定の結果を示しています。示されている曲線は、発振運動中の試験材料の摩擦係数を表しています。 発振運動の間のそれぞれの振れは、素材がその間に生成した振動を表します(「実験のセットアップ」を参照)。

  • 左の図: 標準 PE 1000 では、定義されたテストパラメータのもと、LubX ® CQ よりも明らかに大きな振動振幅の振れが見られます。 こうした振れは設備のコンポーネントの振動を誘発し、それに伴い震動が発生する可能性があります。 これによって大きな騒音が発生し、コンベア設備全体のプロセス安定性に悪影響を及ぼすことがあります。
  • 右の図: LubX® CQ では、発振運動中の振れが大幅に小さいという測定結果が出ています。 こうした特性は、より静かで安定したコンベアプロセスに貢献します

実験の構成: テストベンチでは、実際の活用に即した、定義されたテストパラメータを用いて、素材ペアの摩擦またはスライドの挙動を検査、評価することができます。 この測定原理のもとでは、発振運動を用い、ばね張力によって上部のサンプルを下部のサンプルに押し付けます。下部のサンプルは測定台に固定されています。 台は垂直方向に据えられたばね板を介して台座に接続されています。 下部サンプルと上部サンプルの間の摩擦力により、台が振れ、これがセンサーによって検出されます。 評価には、特別に開発された測定ソフトウェアが用いられます。

 

製品の種類
  • 圧縮シート
  • 押出成形プロファイル
  • 丸棒
  • お客様の図面に応じたプレハブ部品
応用分野
  • 摺動部品、コンベア部品
  • 自動化
 
Search
お問い合わせ

Share

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial