Select a different country or region to see specific content for your location.
JP

言語を選択してください

 
リサイクルループ
Recycling – managing material flows sensibly

リサイクルループ

プラスチック部品の製造では、残留物も発生します。 ただし、これらの残留物は通常、高品質の材質となっています。 これらの残骸を次の製品のためにのしい原材料に再処理する事は賢明な使用法です。 残留物を適切に回収するには、リサイクルループが必要です。 私たちはすでに多くのお客様とのリサイクルループを円滑に開始しています。 リサイクルループの可能性についてもっと知り、開発を支援する事が重要です。

 

 

リサイクルループの開発をお手伝いします–詳細をご覧ください!

ドイツのサーキュラーエコノミー法では、リサイクルとは、廃棄物を本来の目的またはその他の目的で製品、材料、または物質に処理する回収プロセスと定義しています。 さまざまなレベルがあります。製品ライフサイクルの最後には、消費者後のリサイクルがあります。 しかし、完成した最終製品へのプロセスでも、残留物が蓄積し、新製品の貴重な資源となります。 この形態のリサイクルは、ポストインダストリアルリサイクルとして知られています。

機械加工および熱成形におけるリサイクルループ 半製品のプラスチック製品が機械加工または熱成形によって処理される産業部門では、製造後のリサイクルループが標準です。

 

機械加工および熱成形におけるリサイクルループ

半製品のプラスチック製品が機械加工または熱成形によって処理される産業部門では、製造後のリサイクルループが標準です。

たとえば、熱成形中にエッジストリップが発生します。これは、タイプごとに簡単に収集でき、体系的な返品プロセスを使用して新製品に加工できます。当社の子会社であるRöchlingMaywo(www.roechling-industrial.com/maywo)は、熱成形業界およびリサイクルループの開発において長年にわたり有能なパートナーです。

また、熱可塑性材料で作られた部品の機械加工のために、お客様と一緒にリサイクルループを開始することに成功しました。さまざまな業界でリサイクルループの統合を深めるために、徐々にプロセスを拡大していきます。 私たちは、貴社とともにに持続可能な道に向けて、材料の流れを実行可能かつ効率的に管理したいと考えています。これにより、時間のかかる残留物の処理が不要になるだけでなく、資源の保全と環境保護にも重要な貢献をします。 リサイクルループの開発にご興味がある場合は、当社はよろこんでアドバイスいたします。

 

 
Search
お問い合わせ

Share

Print to PDF

ニュースレターに登録

Select Website

Roechling_Industrial_Banner.jpg
技術的用途の為のプラスチック

Industrial