グループについて

マンハイムに本社を構えるロシュリンググループは、世界各国に多数の拠点を設けています。数千人の社員とともに、お客様や市場のすぐ側で製品を製造しています。インダストリアル、オートモーティブ、メディカルという当社の三つの事業部は、欧州、アメリカ大陸、アジアで年間数十億の売上を生み出しています。

大きな成長力を持ち、革新技術がスピーディーに生まれるのが、ロシュリンググループが事業を行う市場環境の特徴です。プラスチック業界ほどの潜在能力を秘めた業界は他にあまりありません。この数十年間、プラスチックの進化に大きく貢献してきた当社は、今後も貢献し続けていきます。

そのためには、当社の社員の経験と専門知識が不可欠です。当社は技術に関する専門性を活かし、無数の製造および加工技術を利用し、品質の高い革新的な製品を効率に優れたプロセスで生産することができます。当社は、社員が能力を最大限に発揮し、キャリアパスを進めるようにしています。

ロシュリンググループが国際的なプラスチック業界のトップに上り詰めることができたのは競争力、品質、革新性という企業の価値観によるところが大きく、今日でもそれらが当社の成功を測る指標になっています。

インダストリアル事業部は、産業のほぼすべての分野で、用途に特化した最適な材料を提供しています。そのために、ロシュリングは熱可塑性プラスチックおよび複合材料の、世界的に見て最も幅広い製品群をご用意しています。シート、丸棒、パイプ、プレート、注型品、プロファイルなどの半製品、そして加工・組立精密部品を製造しています。

オートモーティブ事業部は、空気力学、パワートレイン、新たなモビリティの分野で、各種コンポーネントやシステム製品を設計・開発しています。お客様を第一に考えつつ、グローバルに開発を行うという当社の方針の一環として、排気ガス、重量、燃費の削減といった、自動車業界が現在抱えている課題にフォーカスしています。

メディカル事業部は、医薬、診断、手術、ライフサイエンスの分野で、多彩なスタンダードなプラスチック製品やカスタマイズしたプラスチック製品をお客様に提供しています。品質に優れたこれらの製品は、革新的な医薬品の配送システム、一次包装システム、手術機器、消耗品の診断用備品に使用されています。

市場(地域毎の売上)

ドイツ 39% 欧州(ドイツを除く) 31% アメリカ大陸 20% アジア 10%
Loading...